初めてのシェリダン 練習(フラワー)

 

早速シェリダンスタイルのカービングにチャレンジしてみようと思います。(唐草は数度やったことがあるのですがその話しは後日、、、、)と言っても、いきなりフルな図案は難しいと思うので、手許にある参考書の図案から一部を引っ張ってきて個別にやってみようと思います。

 

という訳で題材にはフラワーを選択。早速トレースした図案を鉄筆で革に写します。軽く革を濡らしてトレース!鉄筆の先が太い方でトレースしちゃった。ここは好みでしょうが、スーベルカッターのカットラインが見えにくくなりそうなので細いほうでやろうと思ってたのに^^;

で、ラインをカットします。フェードアウトを意識して、とよく言いますが慣れの問題で練習あるのみかな。今回は恥ずかしいカットラインです。鉄筆の線が太すぎて訳が分かりませんね^^;

で、刻印の順番は参考書どおりにやってみます。(そのうち好みで変わるかもしれません。)まずはアンダーショットですね。通常刻印しか持ってないので、多少Rが合わなくてもベベラで微調整する感覚で無理やりB61で打ちます。ラインぎりぎりで打つか、少し手前から打つか凄く悩みました。きっちり上から打っても少しラインを喰っちゃうんですよね、多分私のやり方に問題があるんだと思うのですけど、いきなり今後の課題です(笑)

あと用意した革が小さくてウエイト置けなくて四苦八苦。練習とはいっても、それなりの余裕がある革を用意したほうがいいですね。。。。その革の上で他の図案を幾つか練習すればいい話ですし。

んー、勝手が分からないですが、そのままベベラとペアシェイダーを入れていきます。

お!手前味噌ですが、それっぽく見えてきました。ペアシェイダーを長目に段打ちしすぎたような気がして気分はイマイチですが、そこも慣れと今後の好みが噛み合ってくるといつかは納得するでしょう^^;

フラワーセンター入れました。センター周りに放射状にペアシェイダーを入れて、カモフラージュで花弁に筋を入れて、とりあえずは一通りの手順完成です。なんだかセンターだけがくっきりはっきりして気持ち悪いんですよね。これはこれでいいんだろうかと悩み中。

とりあえずはフラワー修行、まず初回は完了です^^

今回はフラワー部分に焦点を当てました!↓参考書はこれです。この書籍は人気みたいですね。一部デザインには間違いがあるそうなんですが、じっくりみないと分かりませんね^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です