キーホルダーの作成

少し間が空いてしまいましたが、チョコチョコと革は触っています。

今回は子供の誕生日にキーホルダーを作ろうと思い立ち、ネットで参考デザインを探して、幾つかを材料にしながら自分なりに図案を作りました。

と、いう訳で、トレースをしてカッターを入れます。なんだかツルばっかりの図案になった気がしますが、キーホルダーなのである程度持ち易く目立つ程度の大きさをということで考えるとこういう形になりました。

でベベラを入れます。

写真はベベラを通り越して、大体終わっちゃってます、、、、細かい図案だとベベラ打ちの距離は短いですが、隣との干渉で距離関係なく気を遣いますね^^;

 

スクロールに軽く刻印を入れ、染色に移ります。基本はローパスバチックの赤ですが、一部焦げ茶を入れてグラデーションっぽくしています。水性染料なので色つきはイマイチですが、重ね塗りして狙いの色に近づけます。(やったことないですが、アルコール染料のスピランを少し入れると色つきがグッと変わるそうです)どちらも倍くらいに薄めて使うと時間はかかりますが、ムラがより少なくなるかと思います。

染色は、革を軽く濡らす→赤を入れる→タンポで焦げ茶を薄く入れ、何度か繰り返して濃くしたいところに色を着けて行く、という手順で行っています。(少し濡らしてから染色したほうがグラデーションはやりやすいですね。)

染色後はオイルアップ→レザーコート→アンティック→レザーコートで仕上げています。コートはレザーコート(マット)を使っています。

すっ飛ばして完成写真。

色々と手順について試行錯誤したのでいい勉強になりました。本裁ちは最後!というのが一番身にしみた感じです、笑。先に裁ってしまって、半円部の手縫い穴や仕上げがギリギリのところで何とか堪えた!って感じになりました。

自分の分と子供の分を試作したら、結局3つ作ることになりました。

あ、フィニッシュカット忘れてる、、、、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です